AWSワークロードとインフラストラクチャの保護

AWSのハイブリッドおよびマルチクラウド環境での保護、自動化、実行、展開

メリット

AWSワークロードとインフラストラクチャの保護およびセキュリティ

セキュリティ上のメリット

パスワード、AWSアクセスキー、シークレットアクセスキー、およびAWS管理コンソールやDevOpsツールへのアクセスに使用されるそのほかの認証情報を一貫して保護および管理するためにポリシーベースのアプローチを使用。最小特権、役割ベースのアクセス、職務分掌を強制。

運用上のメリット

スムーズな運用を促進するために、AWSおよびその他のワークロード、リソースの基礎となる組織を保護。IT運用リソースのニーズを削減するために、ポリシーに基づいてパスワードおよびその他の認証情報を自動的に監視し変更。

監査上のメリット

AWSおよびマルチクラウド環境を保護し、企業全体で使用されるパスワードおよびその他の認証情報を管理、監視するための社内および規制上の要件を一貫して実施。詳細なレポートと監査証跡、選択的に監視セッションを作成。

開発者にとってのメリット

フローと作業ペースに影響を与えることなく、AWSや他のクラウドリソースを安全に利用。企業のセキュリティポリシーと要件を満たすために、埋め込まれた認証情報をAPI呼び出しに簡単に置き換え。ポリシーに基づいて自動的かつシームレスにパスワードを変更。

 

AWS、ハイブリッド、およびマルチクラウドにフォーカスした機能

ワークロードを安全に保護および監視して、AWS上で実行

管理コンソールの保護

人によるアクセスと人以外によるアクセスの両方で、AWS管理コンソールおよびポータルへのアクセスを管理および監視。第三者に安全なSSOの提供

組織のクラウドインフラストラクチャを保護

動的にプロビジョニングされたEC2インスタンスと他のクラウドリソースを自動的に保護するために、CloudWatchとLambdaの機能を活用。

安全なAWSアクセスキーとシークレットアクセスキー

AWS、ハイブリッド、マルチクラウドの各環境で、クラウドリソースへのアクセスやアプリケーション間のやり取りに使用されるキーとシークレットを保護および管理。

DEVOPSパイプラインの保護

DevOpsツール用の管理コンソールの保護を含む、CI / CDパイプラインとDevOps環境の保護。主要なDevOpsツールおよびプラットフォームと革新的で認定済みの統合を活用。

AWSでの確実な導入と特権アカウントセキュリティの実行

AWSに CyberArk Privileged Access Security とセッションモニタリングを安全に展開。CyberArk AMIとCFTを使用して、別々のアベイラビリティーゾーンにプライマリとDRボルトを含む安全な環境を自動的に構築。

DEVOPSツールインテグレーション

使い慣れたDevOpsツールチェーンと共用できます。

リソース

ライブデモをリクエスト

メール配信希望

メール配信希望!

セキュリティのベストプラクティス、イベント、ウェビナーの最新情報を入手しましょう。