アダプティブ多要素認証

アダプティブ二次認証によるアクセス制御の強化

アダプティブ多要素認証

アダプティブ二次認証によるアクセス制御の強化

ベネフィット

Idaptive Multi-Factor Authentication(MFA)は、企業アプリケーションへのアクセスを許可する前に保護レイヤーを追加します。Idaptive MFAは、デバイス、ネットワーク、ユーザー行動のコンテキスで各アクセスイベントに対してインテリジェントにリスクを割り当て、異常な行動が検出された場合に起動する動的なダイナミックアクセスポリシーを作成できます。

認証の保護

FIDO2キー、仮想およびハードウェアトークン、モバイル認証など、サポートされているさまざまな機能を介してユーザーを安全に認証して、パスワードへの依存を排除します。

すべてを保護

貴社全体を保護して、セキュリティ侵害のリスクを減らします。Idaptive MFAにより、クラウドやオンプレミスのアプリケーション、エンドポイント、VPN、仮想デスクトップへのアクセスを保護できます。

ユーザー利用の簡素化

ログインのコンテキストおよび過去のユーザー行動に基づく動的なポリシーにより、二次認証入力をリスクのあるアクセスリクエストに限定できます。

主な機能

すべてにMFA

Idaptive多要素認証は、貴社の組織全体を保護します。

アプリ:二次認証入力を設定して、すべてまたは特定のクラウド、オンプレミス、モバイル、カスタム アプリへのアクセスを保護します。
VPN:Idaptive MFAをCisco、Palo Alto Networks、Juniper VPNサービスと統合して、オンプレミスリソースへのリモートアクセスを保護します。
ワークステーション:貴社のドメインに接続されたワークステーションへのアクセスに二次認証を要求します。
MacおよびWindowsエンドポイント:Idaptiveで登録されたmacOSおよびWindowsエンドポイントのMFAを有効にして、エンドユーザーのログインプロセス中に二次認証を要求します。
仮想デスクトップ:Amazon WorkspacesなどのVDIに対してより強力な認証を有効にします。
IDプロバイダー:Microsoft Active Directory Federation Services(ADFS)などのサードパーティIDPのサポートで保護されているアプリケーションやリソースへのアクセスを保護します。
RADIUSサーバー:RADIUS認証をサポートするアプリケーションやリソースに二次保護レイヤーを追加します。

幅広い認証要素群

Idaptive MFAソリューションは、貴社のユーザー、お客様、パートナーがアプリケーションやデータに安全にアクセスできるように、包括的な範囲の認証方法をサポートしています。プッシュ通知、モバイル認証、SMSメッセージ/メール/電話などによる通知、ならびにハードウェアトークンや派生認証情報をユーザーIDの検証に選択できます。

コンテキストに基づくアダプティブ認証

Idaptiveは、機械学習を利用して、各ユーザーのベースラインプロファイルを構成し、ロケーション、デバイス、ネットワーク、アクセスリクエストの時間帯など、ユーザー固有のコンテキスト属性を活用します。これにより、過去のパターンに対するユーザーのアクティビティの分析と各アクセスリクエストにリスクを割り当て、異常な行動が検出された場合に起動するアクセスポリシーを作成することが可能となります。

エンドポイント認証

Idaptiveプラットフォームで登録済みのmacOSやWindowsデバイスへのログイン時に、二次認証ポリシーを適用します。エンドポイントMFAにより、エンドユーザーデバイスから漏洩した認証情報を利用して、エンドユーザーデバイスから漏洩した認証情報が、企業アプリケーションやデータを攻撃するアクセスに悪用されるリスクを大幅に低減できます。

容易な管理

Idaptive MFAには、管理者が二次認証コントロールを合理化し、エンドユーザーによる利用を向上させる機能が含まれています。

パスワードレス認証:サポートされている幅広い認証要素群により、ユーザーを安全に認証して、パスワードの使用を排除します。
セルフサービス登録:Idaptive User Portalでユーザーが認証要素を直接追加および変更できます。
柔軟な認証ポリシー:リスクに基づいて、MFAのバイパス期間を設定および認証要件を動的に調整して、エンドユーザーの利用を柔軟に制御します。
レポートおよび監査:すぐに使えるレポートを使用して、二次認証の失敗、正常なログイン試行、および最も使用されている認証要素など、認証アクティビティのインサイトを得ることができます。

リソース

デモをリクエスト

メール配信希望

メール配信希望!

セキュリティのベストプラクティス、イベント、ウェビナーの最新情報を入手しましょう。