多要素認証

広範な二次認証の手段を活用して、アプリやWebサイトへのアクセスを保護。

多要素認証

必要なときにセキュリティを追加。

リスクに基づいて多要素認証を調整し、アプリケーションを保護。

Secure Authentication Icon

安全な認証

広範な二次認証の要素でパスワードへの依存を排除。

scalable icon

柔軟

組み込み認証フローは、課題のタイプや数など、お客様のニーズに合わせてカスタマイズできます。

scalable icon

ユーザーの負担を減らす

コンテキストとユーザーの挙動に基づいて、リスクの高いアクセスリクエストに伴う課題を減らす。

アダプティブ認証

AIを活用して、アクセス要求ごとにリスクをインテリジェントに割り当てる。

保護レイヤーの追加

デバイス、ネットワーク、ユーザーの行動のコンテキスト

動的なアクセスポリシー

80%

紛失または盗まれた認証情報が侵害に悪用されている割合。*

脅威の侵入を見逃さない

多要素認証の追加により、攻撃者の侵入を防止。

リスクベースのポリシー

コンテキスト情報やユーザーの挙動や兆候に基づいて、MFAの入力を適用します。

リスクベースのポリシー

認証要素

パスワードレス要素、物理トークン、認証アプリなど、サポートされている広範な認証方法で貴社のお客様のIDを検証します。

認証要素

詳細なレポート

過去のパターンに照らし合わせてアクセス要求を分析し、トレンドをリアルタイムで可視化して、失敗したアクセスやリスクの高いアクセス試行を調査します。

詳細なレポート機能

REST API

CyberArk REST APIを利用して、アプリケーションにMFAを導入し、エンドユーザーの環境をカスタマイズできます。

REST API

動的なアクセスポリシー

動的な条件に基づくMFA(アクセスする場所、デバイス、曜日、時間帯、リスクの高いユーザー挙動など)をユーザーに要求するタイミングを定義します。

インフォグラフィックアクセスAdaptive_Multi-factor Authentication

ビジネスのペースを崩さずに、IDセキュリティを確保

CyberArkは、お客様を脅威から保護して、ビジネスを推進させるあらゆる手段を提供します。

その他の
関連
リソース

30日間無料トライアル

認証レイヤーをお客様のアプリに追加

認証情報漏洩のリスクを軽減

コンテキストベースのアクセス制御でユーザーの負担を軽減

*出典:EMA, Contextual Awareness: Advancing Identity and Access Management to the Next Level of Security Effectiveness, Steve Brasen, March 2020