×

今すぐダウンロード

お名前(名)
お名前(姓)
貴社名
状態
ありがとうございました
Error - something went wrong!
   

変わりゆくビジネス環境に求められる 「特権アクセス管理」

March 12, 2021

東京オリンピック開催に合わせた混雑緩和や柔軟な働き方などを目的に、政府は企業にリモートワーク導入を呼びかけてきた。リモートワーク対応を積極的に推進していたのは一部の大企業に限られていたが、新型コロナウイルス感染症の流行により、リモートワークへの短期間での対応が全国的に余儀なくされた。リモートワークでは、従来のオフィス環境とは異なるセキュリティの意識と対策が必要となる。特に、ネットワーク経由で他のコンピュータやサーバ、クラウドサービスにリモートログインする機会も増えるため、そのID管理は意識しないとならない。その中でも、サーバなどのシステム管理をリモートから行うことも多くなり、「特権ID」と呼ばれる特別な権限が付与されたIDを使ったアクセスの管理は、特に重要になる。本ホワイトペーパーでは、これからの時代における特権アクセス管理とセキュリティ対策について、PwCコンサルティング合同会社 パートナー 外村慶氏と、CyberArk Software株式会社執行役社長 智田公徳の対談、および対応ソリューションについて紹介する。

Previous Flipbook
ランサムウェア分析と可能性のある緩和策
ランサムウェア分析と可能性のある緩和策

CyberArkラボは、毎日100種類もの新しいランサムウェア検体を分析しています。このeBookには、CyberArkラボがこれまでに分析した300万以上のランサムウェア検体に関する評価および暗号化経路の調査およ...

Next Flipbook
国内の大規模情報漏えい事件をひも解く。見えてくる「特権アクセス管理」の重要性
国内の大規模情報漏えい事件をひも解く。見えてくる「特権アクセス管理」の重要性

デジタル化が進む中、企業における情報漏えい事件が多発している。情報漏えいの多くは、紛失や盗難がその原因を占めているものの、サイバー攻撃による情報漏えいの増加率は著しい。本書では実際に発生した大規模情報漏えい事件を改...