CyberArk Discovery & Audit™を活用した特権アカウントセキュリティ

CyberArk DNA™でネットワークをスキャンして、

特権アカウントのリスク状況を無料で査定できます

CyberArk DNA™を使用してネットワークをスキャンして以下を実行できます。

  • オンプレミスとクラウドの特権アカウントの検出
  • 特権アカウントのセキュリティリスクの査定
  • ローカル管理者権限があるアカウントの特定
  • 認証情報の盗難に対して脆弱なマシンの特定

CyberArk DNA™は、次のような疑問に対する答えをもたらします。

  • 特権アカウントが存在しているシステムは何か。
  • 権限が昇格されているアカウントがあるか。
  • SSHキーがあるマシンはどれか、また、システム間でどのような信頼関係が存在しているのか。
  • 認証情報のハーベスティング、Pass-the-Hash攻撃、Overpass-the-Hash攻撃、およびゴールデンチケットなどの、認証情報の盗難に対してネットワーク上のどのマシンが脆弱か。
  • アプリケーションのどこにハードコードされた認証情報が保存されているのか。
  • 最も高位の権限があるAWS IAMユーザーは誰か、そしてどのようなAWS認証情報が存在しているか。
  • 企業ポリシーを遵守していない特権アカウントはどれか(90日間以上パスワードが変更されていないアカウントなど)

統計情報から見たCyberArk DNA™:

  • 2016年、CyberArk DNA™によって1500万台以上マシンがスキャンされた。
  • 平均して、企業は従業員数の3倍から4倍の特権アカウントが存在している。
  • スキャンされたネットワークの88%が、特権アカウントの認証情報の盗難や悪用によってセキュリティが侵害される危険性が極めて高いことが判明している。
  • このソリューションは読み取り専用モードで稼働し、スキャンされたマシンには一切書き込みを実行しない。
  • CyberArk DNA™のスキャンで消費されるネットワーク帯域幅はわずかであり、ネットワークとCPUリソースもほとんど消費されない。

無料の査定を実行するには、以下のフォームへのご入力をお願いいたします。

CyberArkのソリューションを導入している企業