プラクティス
リスクディスタンシング

CyberArkによるリモートアクセスとワークステーションの保護。

プラクティス
リスクディスタンシング

CyberArkによるリモートアクセスとワークステーションの保護。

プラクティス
リスクディスタンシング

CyberArkによるリモートアクセスとワークステーションの保護。

リモートワーカーおよびサードパーティユーザー
によるアクセスのリスク軽減

Covid-19感染拡大の影響により、リスク環境が変化しています。リモートワーカーとワークステーションの大幅な増加に伴い、「リスクディスタンシング」に関するベストプラクティスに従って、インフラストラクチャと生産性のニーズに迅速かつ適切に対処する必要が組織に求められています。

この新たな現実に対処するために、セキュリティプログラムと優先順位を見直し、リモートユーザー、ワークステーション、および重要な資産の安全性を確保するために、CyberArkをお役立てください。

「ニューノーマル」の時代にリスクディスタンシングを実践するための5つのステップ

ステップ1

リモートワーカーおよびサードrdパーティベンダーによる、VPNを使用しないリモートアクセスの確保。VPNを使用する場合は、多要素認証を使用してアクセスを保護。

ステップ2

エンドポイントへのログインの多要素認証による保護および最小特権によるローカル管理者権限による、水平方向への移動や権限のエスカレーションの防止。

ステップ3

シングルサインオンを使用してアプリケーションへのアクセスを管理し、ハードコーディング認証情報やシークレットに依存することなく、クラウドコンソールやアカウントへの特権アクセスを保護。

ステップ4

レッドチームエクササイズを実行して、ニューノーマルを考慮した防御をテスト。

ステップ5

PAMプログラムのセキュリティ管理を進化するリスク状況に合わせて調整し、価値の高い資産を確実に保護。段階的なアプローチでリスク軽減を優先順位付けして実行。

CYBERARKは、従業員と外部委託業者のアクセスを保護します

多要素認証シングルサインオン、および特権アクセス管理 (PAM)は、リモートユーザー、ワークステーション、および重要な資産を保護するための予防的かつ効果的な方法です。SaaSオプションを利用することで、アプリケーションへのアクセスとTier 0資産(「最上級の資産」)の保護をすぐに開始することができます。

テレワークを確実に手配するための5つの実用的なヒント

このホワイトペーパーでは、貴社の従業員が仕事に対して困難や苦痛を感じることなく、リモートワーカーの規模を拡張させて、安全を確保するために役立つ5つの実用的なヒントを提示しています。

EXPERT SERIES質問

CYBERARK EPMを使用して、アプリをブロックしながら、例外を許可するには?

 

認証情報の盗難を阻止する方法

 

EPMでアプリケーション制御を管理する方法

 

エンドポイントで最小特権を適用して、横方向への移動を阻止する方法

 

ワークステーション、リモートアクセス、クラウドアプリケーションのセキュリティ保護に関するグローバルな洞察。

 

リソース

リスクディスタンシングを実践する準備を整える