CyberArk Named a Leader in The Forrester Wave™: Identity-As-A-Service (IDaaS) For Enterprise, Q3 2021. DOWNLOAD NOW >

アダプティブ
多要素認証

CyberArk Adaptive Multi-Factor Authentication(旧Idaptive)は、広範な二次認証手段で組織全体へのアクセスを保護します。

アダプティブ多要素認証

MFAソリューションにより、手間を省いてセキュリティを補強

二次多要素認証による、アクセスコントロールの強化。

Secure Authentication Icon

安全な認証

広範な認証要素で、パスワードへの依存を排除。

Protect Everything Icon

すべてを保護

企業全体を保護して、セキュリティ侵害のリスクを軽減。

Simplify User Experience Icon

ユーザー環境の簡素化

コンテキストと行動に基づいて、リスクの高いアクセスリクエストに伴う課題を減らす。

アダプティブ認証

AIを使用して、アクセスイベントごとにリスクをインテリジェントに割り当てる。

保護レイヤーの追加

デバイス、ネットワーク、ユーザーの行動のコンテキスト

動的なアクセスポリシー

90%

コンテキストを考慮した自動化を採用している企業が、ITの労力とコストの削減を数値化できている割合。*

74%

行動的生体認証の採用による、ビジネスアプリへの不正アクセス減少率。*

脅威の侵入を見逃さない

アダプティブMFA保護機能を追加して、攻撃者の侵入を防止。

MFAで全体を保護

アダプティブ多要素認証で組織全体の保護:アプリ、VPN、ワークステーション、MacやWindowsのエンドポイント、仮想デスクトップ、RADIUSサーバーなど。

多要素認証

認証要素

アダプティブMFAで包括的に認証手段のサポートし、ユーザー、顧客、パートナーのアプリケーションやデータへの安全なアクセスを容易に行うことができます。

Adaptive MFA

コンテキストベース

過去のパターンに照らし合わせてアクセス要求を分析し、各ログインの試行にリスクを割り当て、異常な行動でトリガーするアクセスポリシーを作成します。

コンテキストベースのMFA

エンドポイント認証

エンドポイントのMFAは、認証情報の漏洩を悪用してエンドユーザーの端末から企業のアプリケーションやデータにアクセスする攻撃のリスクを大幅に減らします。

エンドポイントの多要素認証

管理が容易

管理者による二次認証の管理を効率化し、エンドユーザーの操作性を向上させる機能が含まれています。

Easy Administration

動的なアクセスポリシー

事前に設定した条件(アクセスする場所、デバイス、曜日、時間帯、リスクの高いユーザーの行動など)に基づき、アダプティブMFAをユーザーに要求するタイミングを定義します。

アダプティブ多要素認証

ビジネスのペースを崩さずに、IDセキュリティを確保

CyberArkは、お客様を脅威から保護して、ビジネスを推進させるあらゆる手段を提供します。

ご購入プラン&価格

多要素認証

スタンダード MFA

2.50米ドル 月間/1ユーザー

アダプティブMFA

5米ドル 月間/1 ユーザー

サポートされているMFAのユースケース

VPNログイン

Webアプリのログイン

RADIUSサーバー

サードパーティIDP

オンプレミスのWebアプリMFA(SSOとApp Gatewayアドオンが必要)

ディレクトリサービス

クラウドディレクトリ

AD、LDAP、Google Cloud Directoryへの統合

ユーザ属性のカスタマイズ

ディレクトリAPI

対応ファクター

Email OTP

物理的なFIDO U2Fベースのキー

ハードウェアOTPトークン

KBA(セキュリティ質問)

OATHベースのデスクトップ認証

OATHベースのモバイル認証アプリ

モバイルプッシュ通知

派生認証情報

スマートカード

オフラインOTP

SMSベースのOTP

電話によるメッセージ通話

ウェアラブルトークン

コンテキストによるアクセス管理

アクセス場所のコンテキスト

デバイスのコンテキスト

時間に基づくコンテキスト

ネットワークのコンテキスト

ユーザーの行動リスクのコンテキスト

セキュアゾーン

IDインテリジェンス

多くのインサイト

インシデント調査

リスクのモデリング

オーケストレーションと自動化に対応

サードパーティによる脅威の取り込み

機能を表示

多要素認証

スタンダード MFA

2.50米ドル 月間/1ユーザー

サポートされているMFAのユースケース

VPNログイン

Webアプリのログイン

RADIUSサーバー

サードパーティIDP

オンプレミスのWebアプリMFA(SSOとApp Gatewayアドオンが必要)

ディレクトリサービス

クラウドディレクトリ

AD、LDAP、Google Cloud Directoryへの統合

ユーザ属性のカスタマイズ

ディレクトリAPI

対応ファクター

Email OTP

物理的なFIDO U2Fベースのキー

ハードウェアOTPトークン

KBA(セキュリティ質問)

OATHベースのデスクトップ認証

OATHベースのモバイル認証アプリ

モバイルプッシュ通知

派生認証情報

スマートカード

オフラインOTP

SMSベースのOTP

電話によるメッセージ通話

ウェアラブルトークン

コンテキストによるアクセス管理

アクセス場所のコンテキスト

デバイスのコンテキスト

時間に基づくコンテキスト

ネットワークのコンテキスト

セキュアゾーン

ユーザーの行動リスクのコンテキスト

IDインテリジェンス

多くのインサイト

インシデント調査

リスクのモデリング

オーケストレーションと自動化に対応

サードパーティによる脅威の取り込み

機能を表示

多要素認証

アダプティブMFA

5米ドル 月間/1 ユーザー

サポートされているMFAのユースケース

VPNログイン

Webアプリのログイン

RADIUSサーバー

サードパーティIDP

オンプレミスのWebアプリMFA(SSOとApp Gatewayアドオンが必要)

ディレクトリサービス

クラウドディレクトリ

AD、LDAP、Google Cloud Directoryへの統合

ユーザ属性のカスタマイズ

ディレクトリAPI

対応ファクター

Email OTP

物理的なFIDO U2Fベースのキー

ハードウェアOTPトークン

KBA(セキュリティ質問)

OATHベースのデスクトップ認証

OATHベースのモバイル認証アプリ

モバイルプッシュ通知

派生認証情報

スマートカード

オフラインOTP

SMSベースのOTP

電話によるメッセージ通話

ウェアラブルトークン

コンテキストによるアクセス管理

アクセス場所のコンテキスト

デバイスのコンテキスト

時間に基づくコンテキスト

ネットワークのコンテキスト

セキュアゾーン

ユーザーの行動リスクのコンテキスト

IDインテリジェンス

多くのインサイト

インシデント調査

リスクのモデリング

オーケストレーションと自動化に対応

サードパーティによる脅威の取り込み

機能を表示

その他の
関連
リソース

30日間無料トライアル

認証レイヤーの追加

認証情報漏洩のリスクを軽減

コンテキストベースのリスクスコアリングでユーザーの摩擦を軽減

*出典:EMA, Contextual Awareness: Advancing Identity and Access Management to the Next Level of Security Effectiveness, Steve Brasen, March 2020