統一されたアイデンティティ セキュリティ プラットフォーム

ダイナミックな企業向けに構築されたCyberArk アイデンティティ セキュリティ プラットフォームは、人やマシン等あらゆるアイデンティティに対して、どこからでも、どんなデバイスでも、どんなリソースや環境へも安全にアクセスすることを可能にします。

 

CYBERARKのアイデンティティ セキュリティ プラットフォーム

CyberArkは、確立されたリーダーとして、エンドツーエンドですべてのアイデンティティを保護する最も完全なアイデンティティ セキュリティ プラットフォームを提供しています。

従業員と顧客のアクセス

業界や直面している脅威など、すべてがデジタルに変化している今、競争力を脅かすあらゆるセキュリティ リスクを克服するために、アクセス管理ソリューションが必要です。

Privileged Access

Endpoint Privilege Security

エンドポイント特権セキュリティ

従来のエンドポイント セキュリティへの投資を増やしても、攻撃の成功件数を減らすことはできませんでした。 ローカル管理者権限の削除、最小特権の適用、認証情報の保護、ランサムウェアに対する防御のためには、エンドポイントの特権制御の基礎が必要です。

特権アクセス管理

エンドポイントからクラウドまで、すべてのアイデンティティ、インフラ、アプリケーションにまたがる特権アクセスを保護します。

Privileged Access Management

Secrets Management

シークレット管理

ITリソースやデジタルサプライチェーンにアクセスするためにあらゆる種類のアプリケーションで使用されるシークレットと人以外が使用する認証情報は、サイバー攻撃者の標的となりつつあり、不注意から漏洩する危険性があります。 CyberArkを使用することで、セキュリティ チームはアプリケーション ポートフォリオとDevOpsパイプライン全体で認証情報を一元的に保護し、開発者に摩擦のない体験を提供することができます。

クラウド特権セキュリティ

パブリック クラウドでは、可視性の低さ、一貫性のないツール、人とマシンのアイデンティティの急増により、アイデンティティ セキュリティに大きな課題があります。 CyberArkは、クラウド セキュリティ チームがハイブリッドおよびマルチクラウド環境における常時およびジャストインタイムの特権アクセスを一貫して分析、保護、監視できるよう支援します。

Cloud Privilege Security

Identity Management

アイデンティティ管理

企業の経営者やITチームは、適切な人物だけが企業のリソースに適切にアクセスできるようにする必要性に迫られています。 その結果、ユーザー特権の割り当て、管理、監査において、もはや手作業やミスを犯しやすいプロセスに依存することはできなくなりました。 CyberArkを利用することで、組織はデジタル アイデンティティ ライフサイクルの管理およびガバナンスに関連するすべての側面とプロセスを調和させ、自動化することができます。

Shared Services

Identity Security Platform Shared Servicesは、統一された監査とIdentity Security Intelligenceを備えた単一の管理ポータルを活用することで、運用の効率化を実現します。 Identity Security Intelligenceにより、お客様は継続的なアイデンティティの脅威の検知と対応を活用し、測定可能なサイバーリスクの削減とゼロトラストを実現することができます。

Shared Services

アイデンティティ セキュリティの定義

インテリジェントな権限制御を中心に、アイデンティティ セキュリティは、すべてのアイデンティティのアクセスをシームレスに保護し、継続的な脅威の検出と防止によりアイデンティティ ライフサイクルを柔軟に自動化します。

identity security platform categories infographic

CYBERARK BLUEPRINT
Blueprint

アイデンティティ セキュリティの規定ガイド

CyberArk Blueprint は、高度にカスタマイズされたセキュリティロードマップを作成するための革新的なツールです。使いやすく、導入しやすいので、次の一手を何年にもわたって決定することができます。

関連
リソースを
見る

専門家に相談する

特権アカウントと認証情報の管理

従業員と顧客 ID の保護

アプリケーションやその他人以外の ID へのアクセスを保護し、管理する