特権アクセス管理

ビジネスおよびその貴重な資産を保護しましょう。悪意のあるアカウントや認証情報によるアクセスの阻止は、包括的な特権アクセス管理から始まります。

Privileged Access Management (PAM)

リスクを軽減し、生産性を最大化

特権アクセス管理(PAM)は、業界のリーダーにお任せ下さい。

Defend Against Attacks

攻撃を阻止

特権 ID の保護 – 人とマシンの改ざんを防止するリポジトリに保管します。

Satisfy Audit and Compliance Icon

監査&コンプライアンスを満たす

内部要件への適合、アクセス管理、および完全な集中型監査を維持します。

Enable the Digital Business Icon

デジタル ビジネスの実現

単一の Web ポータルから VPN レスでユーザーを安全に認証します。

どんなに巧妙な攻撃にも負けない

サイバー攻撃を未然に防ぐお客様の競争力を高める。

未承認のユーザーを阻止

脅威をリアルタイムで検出して阻止

PAM as-a-Service を簡単に導入、または自社の環境でホスト

79 %

過去 2 年間に ID 関連の侵害が発生した企業の割合*

600 %

新型コロナウイルス感染症のパンデミック以降、サイバー犯罪活動は増加しています。*

最善の防御策は優れたサイバー セキュリティ

特権アクセスを管理し、リスクを最小限に抑えます。

特権認証情報の管理

人や人以外に紐づくアイデンティティが使用する特権的なクレデンシャルやシークレットを自動的に発見し、搭載します。管理者は、パスワードの複雑さ、パスワードのローテーションの頻度、どのユーザーがどの金庫にアクセスできるかなどのポリシーを一元管理することができます。パスワードローテーションの自動化が、セキュリティを強化し、ITチームにとって非常に時間のかかる手作業を解消します。

Managed Privileged Credentials

セッションの分離と監視

記録された主要イベントと改ざん防止策が施された監査によって法令遵守を維持します。安全に隔離されたリモートセッションを確立し、そのセッション中のすべての行為を記録します。エンドユーザーが対象システムに直接接続することは絶対に無いため、マルウェアによるリスクが低減されます。セッションの記録は安全かつ一元的に保存されるため、セキュリティ、監査、コンプライアンスが容易になり、説明責任とコンプライアンスを高めることができます。

Isolate and Monitor Sessions

脅威検出と対応

未管理の特権アカウントと認証情報を自動的に検出し、オンボードします。ポリシー方式の修正機能で、疑わしい動作とセキュリティ侵害の兆候を検出します。

*Privileged Access Managerのセルフホスト型デプロイメントで利用可能。

Isolate and Monitor Sessions

ノーマディックデバイスの管理

セキュリティポリシーを実施し、企業ネットワークに常時接続されていないエンドポイントでアカウント認証情報をローテーションさせます。

Manage Nomadic Devices

PAMへのリモートアクセス

Privileged Access Managerへの遠隔地の従業員や外部ベンダーによる安全なアクセスを、場所を問わずに可能にします。VPN、エージェント、パスワードは不要です。

Remote Access to PAM

アダプティブMFAとSSO

コンテキストを認識する適応型多要素認証によって特権ユーザーを検証し、シングルサインオンでビジネス リソースに対する安全なアクセスを提供します。

Adaptive MFA & SSO

SaaSまたはセルフホストとして導入

安心してPAMを導入し、拡張してください。CyberArk Identity Security Blueprintは、これまでに数千もの顧客環境を保護した実績を持ち、その数を増やし続けています。

Cloud

SaaS

弊社のPAM-as-a-Serviceソリューションによって、特権アカウント、認証情報、シークレットを簡単にセキュリティ保護し、管理できます。

アップグレードとパッチを自動的に適用し、総所有コストを削減

セキュアな SOC 2 タイプ 2 準拠サービスで、99.9% SLA 認定で稼働時間を確保

CyberArk ジャンプスタートによる実践的なガイダンス

On-Premises

セルフホスト型

特権的なアクセスを保護、監視、制御し、オンサイトで展開します。

法規制や組織の要件に合わせて、データセンター、プライベート クラウド、パブリック クラウドに配備

CyberArk の実績ある専門技術を活用して、 SaaS に着実に移行

規模に合わせてマルチリージョンに展開

アイデンティティ セキュリティの基礎

アイデンティティ セキュリティ:なぜ今、それが重要なのか

アイデンティティ セキュリティの基礎を学び、その指針を理解します。

Finance
Finance

"サイバーアークは、私の20年以上のITキャリアの中で、最も優れたベンダーでした。CyberArkは特権アクセスの管理で業界をリードする素晴らしい製品を提供してくれます。」

IT Security Managerです。セキュリティとリスクマネジメント

Telecom

"CyberArkを使うことで、ビジネスの成長や発展に対応できるテクノロジーを導入できたと確信しています。」

ジャン=ピエール・ブランBouygues Telecom

Finance-02-590x500
Finance

"これは単なるコンプライアンスのチェックボックス運動ではありません。私たちは積極的にポリシーを設計し、サイバーセキュリティのベストプラクティスに合わせて、全体的なセキュリティ態勢を強化し、社内のチームを調整しています。」

Joel Harris, Manager

Customer-Identities----770x550
Manufacturing

CyberArkは、組織への影響を最小限に抑えながら、最小特権と「デフォルト拒否」の両方のアプリケーション制御を実施するために必要な可視性と粒度の高い制御を提供してくれました。」

Ken Brown, CISO

Insurance-590x500
insurance

"RPAやクラウドの移行に伴い、認証情報は「通常の」コントロールから離れてどんどん広がっていきます。CyberArkは、標準的な方法ですべてのシナリオをカバーするように広げることができます。」

情報セキュリティコンサルタント、 Enterprise Cybersecurity Solutions Technologies

関連資料を見る

デモのリクエスト

認証情報の漏えいを防ぎ、重要な資産を隔離

セッションに不審な動きがないか監視、監査する

危険な動作を自動的に修復

認証情報を継続的に管理し、ローテーションする

PAM への安全なリモートアクセス

ビジネスリソースへのスムーズかつ安全なアクセス

Request CyberArk Privilege Access Manager Demo

デモのお申し込みはこちら

*出典: 2019年12月アイデンティティの状態:セキュリティ チームによるリスクの解決方法

* 出典:IBM Security Cost of a Data Breach Report 2020