監査とコンプライアンス

効果的かつ 容易に要件を達成

監査とコンプライアンス要件の簡素化によって 時間を節約。

特権ID、認証情報、シークレットを入手したユーザーは誰でも、企業リソースの制御、セキュリティシステムの無効化、および膨大な量の機密データへのアクセスが可能になります。 無制限にアクセスできるようになるため、社内の監査担当者およびコンプライアンス規制によって、これらの認証情報の使用に関して一定のコントロールとレポート要件が課せられるのは当然のことです。

複数の規制、1つの統合ソリューション。

企業は、多数のITコンプライアンス要件に対応しなければならず、特権IDを利用したアクティビティを一元的に管理、収集、報告できるシステムが必要です。 特権IDのセキュリティに対する統一されたアプローチが存在していなければ、セキュリティ監査は複雑で時間のかかる作業になります。

詳細な監査証跡による可視化の向上

Privileged Access Securityソリューションは、特権IDを保護し、責任を明確化し、優れたセキュリティインテリジェンスを提供する業界で最も包括的で統合されたソリューションです。 このソリューションの基盤は、特権IDを保護するための優れた拡張性、信頼性、そして比類ないセキュリティ機能を提供しており、Vaultサーバー、統合ポリシーエンジン、およびディスカバリーエンジンを複合的に利用できます。

統合ソリューションの主なメリット

  • すべての監査データが一元化された単一のリポジトリを介して、シンプルで費用対効果に優れた監査レポートを提供します。
  • 監査要件が遵守されるよう継続的監視を保証する特権IDを利用したアクセスポリシーを自動実行します。
  • 特権IDを利用したセッション中に「誰が、いつ、なぜ」だけでなく、具体的に「何が」起きたのかを完全に把握できます。
  • 特権ID認証情報の再入力が不要なため、特権IDユーザーにシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供します。
  • 単一のプラットフォームと管理機能により所有コストを削減します。

ソリューションリスト:

SWIFT Customer Security Controls Framework

金融エコシステムのセキュリティの強化

MAS TRM

MAS-TRMガイドラインに準拠した特権IDの保護、管理、および監視

サーベンスオクスリー法(SOX)

SOX準拠に求められる内部統制とレポート要件を強制

EU一般データ保護規則(GDPR)

The opportunity for proactive security

IT監査とレポーティング

効果的、簡単かつ確実にさまざま要件に準拠

ENISA

スマートグリッドインフラストラクチャ全体での特権IDとその使用の保護、管理および監視

ISO / IEC 27002

ISO/IEC 27002コントロールを遵守する特権ID管理の導入

PCIデータセキュリティスタンダード

クレジットカードユーザーのデータ環境へのアクセスを確実に保護、管理、および監査

リソース

デモのリクエスト

メール配信希望

メール配信希望!

セキュリティのベストプラクティス、イベント、ウェビナーの最新情報を入手しましょう。