飛躍的な前進

RPAワークフローのセキュリティを強化

飛躍的な前進

RPAワークフローのセキュリティを強化

RPAの特権IDを利用したアクセスを保護

RPAワークフローのセキュリティを強化します。

RPA採用がもたらす顕著なメリット1

86%

生産性の向上

90%

品質と精度の向上

92%

コンプライアンスの向上

1Deloitte Global RPA Survey, 2018

貴社のソフトウェアボットは安全ですか?

RPAテクノロジーは、作業の標準化と迅速化の向上および監査の簡素化によるコンプライアンスリスクの軽減をもたらします。これにより、従業員がより多くの付加価値の高いプロジェクトに集中して最も重要なことに専念できると同時に、コスト効率を大幅に高めることができます。ただし、RPA管理者と新しいデジタルワーカーが共用するアカウントと認証情報が保護されていなければ、それらは攻撃者の標的となり、最も重要なシステム、アプリケーションおよびデータが侵害の危機にさらされます。

自動化のペースに合わせたセキュリティ

RPAテクノロジーの採用により、人と人以外のIDの両方で新たな攻撃対象の領域が拡大されるため、これまで以上にデータ侵害の危険にさらされます。CyberArk Privileged Access Securityは、企業のRPAパイプラインにセキュリティが直接組込まれるRPAソリューションでメリットをもたらします。

 

メリット

セキュリティ上のメリット

RPA管理者とソフトウェアロボットのアカウントと認証情報の両方を安全なDigital Vaultで一元的に保護および管理します。

運用上のメリット

企業全体にわってRPAツールとソリューションをCyberArkインフラストラクチャと管理ポリシーに直接シームレスに統合します。

監査上のメリット

すべての特権IDを利用したRPAアクティビティの包括的な監査およびコンプライアンスおよびフォレンジック分析により、個々のユーザーの説明責任を確立します。

現状のデジタル変革の進歩に合わせて、セキュリティとリスクの状態を新しいツールとテクノロジー全体にわたって適合させることが、これまで以上に重要になっています。

CVP PAM & Access Management

ケーススタディ
Fortune 100 保険会社が信頼を寄せるCyberArk Privileged Access Securityソリューション

インテグレーション

Blue PrismおよびCyberArkの最善な組み合わせが認証情報管理とより安全な実装を実現します。CyberArkインフラストラクチャをすでに導入済みのお客様は、既存の手順と管理ポリシーへの統合を容易に行うことができます。

Automation AnywhereおよびCyberArkの組み合わせにより、ロボット機能を実行するために必要な認証情報を安全に取得できます。CyberArkは、認証情報を保護およびローテーションして、企業ポリシーおよび業界ガイドラインの確実かつ継続的な準拠を実現します。

UiPath OrchestratorとCyberArkを使用して、Windowsログイン認証情報を安全に保管できます。オーケストレーターを通じて、安全な方法で自動化を実行するために必要なWindowsログイン認証情報がロボットに取得されます

すべてのRPA Securityインテグレーションを見る

リソース

デモをリクエストする

メール配信希望

メール配信希望!

セキュリティのベストプラクティス、イベント、ウェビナーの最新情報を入手しましょう。