米国国土安全保障省のCDMプログラム

CyberArk Privileged Account Securityソリューションは、米国連邦政府のCDMプログラム(継続的診断およびリスク軽減)のフェーズ2に含まれる最小特権およびインフラストラクチャの整合性要件に対応しています。

米国国土安全保障省(DHS)は、継続的診断およびリスク軽減(CDM)プログラムのガイドラインなどのガイドラインを使用して、連邦機関のセキュリティ体制を強化するためのより良い方法を継続的に探しています。CDMプログラム(http://www.dhs.gov/cdm)は、サイバーセキュリティのリスクを軽減するために、連邦部門や機関に最適なツールとソリューションを提供することを目的として、サイバーセキュリティのさまざまな分野をカバーしています。

プログラムの第一フェーズは、エンドポイントの整合性に焦点を当てていました。2014年4月、DHSは、最少特権とインフラ保全性に焦点を当てたプログラムのフェーズ2のためのRFIを発表しました

CyberArkのソリューションは、米国国土安全保障省CDMプログラムのフェーズ2の以下の機能分野における課題を解決します。

  • セキュリティ関連の行動の管理 – CyberArkのソリューションは、特権アカウントを利用した異常で疑わしい行動を検出し警告するカスタマイズされた行動分析技術を使用して、連邦機関が異常な行動を迅速に識別して中断できるようにします。
  • 認証情報と認証の管理 – CyberArkのソリューションは、改ざん防止されたデジタルボルト内で特権パスワードとSSHキーを完全に保護、管理、監視する多層ソリューションにより、連邦機関による特権認証情報の保護と管理を支援します。
  • アカウントアクセス / 特権の管理 – CyberArkのソリューションは、セキュリティ上の理由から特権を制御しながらエンドユーザーの生産性を向上させることで、ITとセキュリティチームがセキュリティと運用のニーズのバランスを保つのに役立ちます.
メール配信希望

メール配信希望!

セキュリティのベストプラクティス、イベント、ウェビナーの最新情報を入手しましょう。