エンドポイント認証

エンドユーザーのデバイスから漏洩した認証情報を悪用する攻撃リスクを軽減。

Endpoint Authentication Security

すべてのエンドポイントからのアクセスを保護

信頼できる安全なエンドポイントからのみアプリケーションへのアクセスを許可。

Secure Endpoint Authentication Icon

認証の保護

エンドポイントの挙動(デバイスの場所、ブラウザ、OS)で、安全なアクセスを提供。

Flexible Control Icon

柔軟なコントロール

iOS、Android、Mac、Windowsの各エンドポイントに、IDに基づく柔軟な設定ポリシーを導入。

Unified View Icon

ビューの一元化

単一で信頼性の高いソースからアクセスポリシーをデバイス、アプリケーション、アクセスポイント全体に適用。

アダプティブ認証

エンドポイントのセキュリティ対策で認証ポリシーを強化。

保護レイヤーの追加

デバイスのIP、OSのバージョン、証明書、ネットワーク、ユーザー挙動のコンテキストを使用。

動的なアクセスポリシーの導入

90%

コンテキストを考慮した自動化を採用している企業が、ITの労力とコストの削減を数値化できている割合。*

74%

行動的生体認証の採用による、ビジネスアプリへの不正アクセス減少率。*

エンドポイントにゼロトラストを適用

エンドポイントからのアプリや企業リソースへのアクセスを制御。

管理の一元化

ワークステーション、ノートパソコン、モバイルデバイス全体のアクセスポリシーを単一の管理コンソールで管理します。

エンドポイントセキュリティ管理の一元化

予防的なセキュリティ

ファイアウォール、スクリーンセーバー、ディスク暗号化の設定など、デバイスのセキュリティポリシーのベストプラクティスを導入します。

予防的なエンドポイントセキュリティ

リモートコントロール

クラウドベースのポリシーにより、リモートのエンドユーザーが企業ネットワークに直接接続せずに、デバイスを登録できます。

」リモートエンドポイントセキュリティ"

動的なアクセスポリシー

事前に設定した条件に基づいて(場所、デバイス、曜日、時間帯、リスクの高いユーザー挙動など)、MFAをユーザーに要求するタイミングを定義。

動的なMFAポリシー

ビジネスのペースを崩さずに、IDセキュリティを確保

CyberArkは、お客様を脅威から保護して、ビジネスを推進させるあらゆる手段を提供します。

Finance-590x500
Finance

"サイバーアークは、私の20年以上のITキャリアの中で、最も優れたベンダーでした。CyberArkは特権アクセスの管理で業界をリードする素晴らしい製品を提供してくれます。」

IT Security Managerです。セキュリティとリスクマネジメント

Telecom-590x500

"CyberArkを使うことで、ビジネスの成長や発展に対応できるテクノロジーを導入できたと確信しています。」

ジャン=ピエール・ブランBouygues Telecom

Finance-02-590x500
Finance

"これは単なるコンプライアンスのチェックボックス運動ではありません。私たちは積極的にポリシーを設計し、サイバーセキュリティのベストプラクティスに合わせて、全体的なセキュリティ態勢を強化し、社内のチームを調整しています。」

Joel Harris, Manager

Customer-Identities----770x550
Manufacturing

CyberArkは、組織への影響を最小限に抑えながら、最小特権と「デフォルト拒否」の両方のアプリケーション制御を実施するために必要な可視性と粒度の高い制御を提供してくれました。」

Ken Brown, CISO

Insurance-590x500

"RPAやクラウドの移行に伴い、認証情報は「通常の」コントロールから離れてどんどん広がっていきます。CyberArkは、標準的な方法ですべてのシナリオをカバーするように広げることができます。」

情報セキュリティコンサルタント、 Enterprise Cybersecurity Solutions Technologies

30日間無料トライアル

エンドポイントでの認証管理

デバイス全体のアクセスポリシーを一元化

エンドポイントの挙動を監視、収集、分析

*出典:EMA, Contextual Awareness: Advancing Identity and Access Management to the Next Level of Security Effectiveness, Steve Brasen, March 2020