スマートグリッドインフラストラクチャ全体での特権IDトとその使用の保護、管理および監視

効率的で持続可能性と信頼性の高いエネルギー生産供給環境の誕生とともに、スマートグリッドの展開は急速に拡大しています。 これを受けて、エネルギー公益事業を標的にした、高度なサイバー攻撃が増加しています。 将来的に信頼性の高いエネルギー供給を確保するためには、スマートグリッドインフラストラクチャをセキュリティで保護することが不可欠です。

欧州ネットワーク情報セキュリティ機関(ENISA)が、報告書「Appropriate security measures for smart grids(スマートグリッドに対する適切なセキュリティ対策)」を発行しました。 この報告書は、ヨーロッパ全域でスマートグリッドを展開するために必要な最低レベルのセキュリティと耐障害性を設定し、提供するためのフレームワークをスマートグリッド関係者に提供します。

CyberArkのPrivileged Access Security Solutionは、次のようなENISAの推奨事項の多くに対応しています。:

  • サードパーティの管理
  • 監査と説明責任
  • 情報システムセキュリティ
  • ネットワークセキュリティ

CyberArkのソリューションは、特権IDユーザーの完全なアクティビティ監視など、スマートグリッドインフラ全体で特権IDとその使用を一元的に保護、管理、および監視するセキュリティコントロールを導入します。

主なメリット

  • 特権IDまたは共有アカウントのすべてのユーザーの説明責任を明確化
  • リアルタイム監視により、外部請負業者へのリモートアクセスの保護
  • 改ざん防止機能を備えた特許取得済みのDigital Vaultに保存されている特権認証情報とセッションの保護
  • 全社的なポリシーの徹底と多様なビジネスプロセスに対応するのに十分柔軟なワークフローへのアクセス
  • 組み込みまたはカスタマイズされたレポートを使用して、すべての特権IDとアクティビティの監視と追跡
  • 機密の認証情報を公開することなく特権IDを利用したセッションの確立
  • コンテキストベースの再生のためにすべての特権IDを利用したセッションの監視
メール配信希望

メール配信希望!

セキュリティのベストプラクティス、イベント、ウェビナーの最新情報を入手しましょう。