社内の脅威からの保護

特権アカウントを管理および監視し、社内の脅威とリスクを最低限に抑制

セキュリティプロフェッショナルは、今後発生する可能性がある脅威や攻撃について常に把握しておく必要があります。外部からの脅威のみを警戒するのではなく、悪意のあるユーザー、アクセス権限が付与されている悪意のある請負業者、最重要なビジネスシステムへの特権アクセスが退職後も付与されたままになっている元ユーザー、さらにはミスや不注意のリスクなどの企業の内部の問題についても対策を講ずる必要があります。企業内で発生するこのようなリスクは、セキュリティ侵害の38%以上を占めており、最もコストがかかるセキュリティ侵害となっています。

社内の脅威とリスクを緩和し、セキュリティ侵害が発生したときの被害を削減するためには、社内の脅威から企業を保護する特権アクセス管理ソリューションを導入する必要があります。CyberArkの包括的な特権アカウントセキュリティソリューションによって、ユーザー特権をプロアクティブに制限し、特権アカウントへのアクセスを管理し、内部関係者からの攻撃のリスクを軽減し、リアルタイムに脅威を分析し、社内の脅威を検出できるようにします。CyberArkのソリューションは、脅威から企業を保護する堅牢な機能を提供し、攻撃のリスクを最小化し、悪意のある行動を迅速に検出できるようにします。

主なメリット:

  • 承認されているユーザーのみが強力な特権アカウントにアクセスできるように保証します。
  • 特権昇格をユーザーに不正に付与しないようにします。
  • どのユーザーがどのアカウントにアクセスしたのか、どのような行動が実施されたのかを追跡し、特権アカウントの利用に対する責任を明確にします。
  • 高度なフォレンジック分析を可能にし、すべての特権IDを利用したアクティビティについて詳細な改ざん防止機能付きの監査証跡を生成します。
  • 内部関係者からの攻撃の兆候となる異常な行動を迅速に検出し、警告します。

リソース

メール配信希望

メール配信希望!

セキュリティのベストプラクティス、イベント、ウェビナーの最新情報を入手しましょう。