防御の徹底

特権に基づく防御の徹底戦略により、サプライチェーンを狙った攻撃を阻止。

チェーンリアクション

昨年発覚したSolarWindsのデータ漏えいは、ソフトウェアのサプライチェーンに衝撃を与え、世界中の18,000以上の組織に影響を及ぼしました。トロイの木馬型ソフトウェアのアップデートを悪用して、ソースコードをマルウェア配布に置き換えるという巧妙な攻撃が仕掛けられました。

パイプライン感染

SunSpotマルウェアによる、SolarWindsのOrionビルドインフラへの攻撃。

特権の昇格

SolarWindsを含むセキュリティ侵害の80%が特権認証情報を乱用。

多要素認証の回避

ゴールデンSAMLにより、組織内のほぼすべてのIDを支配。

攻撃の連鎖を断つ<

侵害を想定

「侵害を想定」してリスク状況を考慮して、Tier0システムへのアクセスの保護を含み、攻撃者を最終的な攻撃目標へ到達させないことにポイントを絞ります。

防御の徹底

侵害を想定したアプローチにより、複数のセキュリティレイヤーを強化して、リスクを最大限に回避。

特権アクセスの保護

特権アカウントや認証情報の漏洩を阻止することは、サイバー攻撃対策の最大の課題のひとつです。特権アクセスを特定および管理することで、特権の乱用を防ぐことができます。

クリティカルなエンドポイントのブロック

特権の昇格と認証情報の盗難ポリシーを導入して、Tier0アセットをブロックすることで、貴社の環境への管理者アクセス権を保護できます。

Adaptive Multi-Factor Authentication

Adaptive MFAの利用

Adaptive MFAは、広範な二次認証方法により、貴社の企業IT全体へのアクセスを保護します。ロケーション、デバイス、ネットワーク情報など、ユーザー固有のコンテキスト属性を利用して、ユーザーのログイン試行毎にリスクを割り当て、動的なアクセスポリシーを作成できます。

開発ツールの保護

開発環境が複雑な場合、認証情報が不用意に漏洩する可能性がある領域が数多く存在します。開発担当者が使いやすいオプションにより、アプリケーションを迅速に保護できます。

Conjur Enterprise

関連
リソースを
見る

無料の評価をリクエスト

迅速なリスク評価と修復サービスへアクセス

特権アクセスとクリティカルなエンドポイントの保護

Adaptive MFAの利用

開発ツールの保護