飛躍的な前進

特権ID管理による新たなデジタル環境。

飛躍的な前進

特権ID管理による新たなデジタル環境。

特権ID管理によるデジタルビジネスの保護

革新と歩調を合わせて加速するビジネス環境において、デジタル技術を採用する企業がますます増えています。クラウドへの移行、SaaSの採用、ロボティックプロセスオートメーション、DevOpsによるソリューションの進化など、ビジネスのデジタル変革がエンゲージメントの機会に満ちたより大きなデジタル環境を生み出しています。その反面、脅威にさらされるリスクも増大しています。これに対応するために、特権資格情報、SSHキー、APIキーなど、新たなデジタル技術で人とマシンの両方の特権ID管理を拡大する必要があります。

 

現在、セキュリティチームに求められているのは、拡大したデジタル攻撃の状況に主体的に取り組み、個人を特定できる情報を保護して、ビジネスに成功をもたらすために必要なツールです。CyberArk Privileged Access Securityソリューションは、新たなデジタル環境をより果敢に推し進めます。組織のデジタルビジネス全体への安全なアクセスを確保し、人またはマシンのいずれにも、またオンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境などあらゆる所ですべての特権資格情報を保護します。

セキュリティにはデジタル変革委員会の席が必要です

CISO社の成功のための3つの推奨戦略を読む

デジタル変革が引き起こす新たなセキュリティ課題

CISO社のデジタル時代にリスク管理を成功させる秘訣

デジタル変換を成功させる「秘訣の元」

デジタル変革を実現するために、セキュリティとビジネスニーズを最適に整合させる方法を経験豊富なセキュリティ識者から学ぶ/p>

CLOUD

今日、多くの組織がITインフラストラクチャに対するハイブリッドアプローチを採用して、従来のオンプレミスインフラストラクチャを拡張して、リソースを自社や公共のクラウドまたはマルチクラウドに取り込んでいます。CyberArk Privilege Access Securityは、クラウドのワークロードとインフラストラクチャを保護しながら、この新しい環境への大胆な組織的な拡張を支援します。

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA)

RPA技術の採用により、人と人以外のIDの両方で新たな攻撃対象の領域が拡大されるため、これまで以上にデータ侵害の危険にさらされます。CyberArk Privileged Access Securityは、企業のRPAパイプラインにセキュリティが直接組込まれるRPAソリューションでメリットをもたらします。

DEVOPS

CI/CDパイプラインの自動化により、DevOpsチームは大規模にアプリを構築および展開できます。しかし自動化により、生成されるシークレットも大幅に増大します。認証情報およびシークレット管理が自動化に追い付かない場合、企業セキュリティがますます脆弱になることが多々あります。CyberArkは、人以外のIDによって使用される認証情報およびシークレットおよびDevOpsおよびコンテナ化された環境全体にわたって人に紐づくユーザーを保護および管理します。

BUSINESS CRITICAL APPS

企業のデジタル変革に伴い、多くの組織がビジネスクリティカルなアプリをクラウドに移行しており、アプリを保護する課題が劇的に増加しています。特権ID管理のトッププロバイダーであるCyberArkは、オンプレミス、クラウドおよびハイブリッド環境のITセキュリティの重要なレイヤーにおいて、ビジネスクリティカルなアプリとその機密データを保護します。

CyberArkは、リスクを軽減し、すべての独自の要件に対応し、TOTVSクラウドプラットフォームを大幅に強化する、単一の拡張性のあるソリューションを提供します。

Leandro Soares Costa – クラウドアーキテクト

ケーススタディ
主要なERPプロバイダーTotvsがCyberArkでマルチクラウド環境全体にわたってワークロードとインフラストラクチャを保護

デモをリクエストする

メール配信希望

メール配信希望!

セキュリティのベストプラクティス、イベント、ウェビナーの最新情報を入手しましょう。