安全なクラウド ワークロード

複数のクラウド環境でも一貫した管理を行います。

クラウドでセキュリティの課題が増大

ネットワークから ID へ境界が移行するに伴い、クラウドには新たなセキュリティ上の課題が発生しています。

Insecure Access Icon

安全性が確立されていないアクセス

75% の組織がクラウドでサイバーセキュリティのインシデントや攻撃を経験しています。*

Misconfigured Identities Icon

誤設定の ID

最も一般的なクラウドの誤設定で上位に見られるものは、アカウントとロールの権限の超過です。*

Credential Exposure Icon

認証情報の公開

不正に公開されたコード リポジトリおよび、他のソースは攻撃者のプレイグラウンドになる可能性があります。

クラウド上でアイデンティティを保護

一貫したクラウド アイデンティティとアクセス管理(IAM)制御を実装します。

クラウド権限の管理

すべてのクラウド アイデンティティで、非表示、未使用、および誤って設定された権限を継続的に検出し、管理します。クラウド環境全体で最小権限を実装します。

Secure Cloud Permissions eBook

管理コンソールの保護

MFA や SSO などの技術を利用して、クラウド管理コンソールやポータルへの人によるアクセスと人以外からのアクセスの両方を保護、検出、管理、および監視します。

Secure Console

動的なクラウド インフラストラクチャの保護

動的にプロビジョニングされたコンピューティング インスタンスと他のクラウド リソースを自動的に保護します。セッション監視機能とジャストインタイム アクセスを活用します。

Secure Cloud Infrastructure

DevOps クラウド ネイティブ アプリの保護

アプリケーション、コンテナー、自動化ツールからハードコードされたシークレットを排除し、DevOps ツール管理コンソールへの特権アクセスを管理します。

Secure DevOps and Cloud Native Apps

SaaS 型アプリケーションの保護

SaaS 管理者を特権ユーザとして扱い、SSO と MFA を採用し、最小権限の原則を適用します。SaaS 管理者の認証情報を自動的にローテーションし、一元管理します。

Secure SaaS Applications

アイデンティティ セキュリティの基礎

アイデンティティ セキュリティ:なぜ今、それが重要なのか

生産性を二の次にせず、アイデンティティ セキュリティを最優先します。

クラウドをコントロール

マルチクラウド環境で ID に対するアクセス権限を管理しながら、特権アクセスを保護します。
 

クラウドのアイデンティティ セキュリティを最優先

CyberArk の創設者、会長兼 CEO である ウディ モカディが、クラウドの採用のあらゆる段階で アイデンティティ セキュリティが不可欠な理由について語ります。

セキュアな特権アクセス

パスは簡素化され、(人および人以外のユーザー両方の)認証情報を安全に保存、ローテーション、隔離し、セッションを監視し、スケーラブルなリスク削減を提供します。

Secure Privileged Access

Secure DevOps

安全なDevOps

クラウドでアプリを作成するとき、セキュリティを犠牲にすることなく、迅速にイノベーションを行います。

アクセスを有効化

クラウドに対し安全かつシンプルなアクセスを制御することで、場所を問わず生産性が向上します。

Enable Access

 

クラウドワークロードの保護

企業がクラウドのフットプリントに合わせて拡張し、クラウド ワークロードを保護するには、一貫して動的なセキュリティ プログラムが必要です。

Finance
Finance

"サイバーアークは、私の20年以上のITキャリアの中で、最も優れたベンダーでした。CyberArkは特権アクセスの管理で業界をリードする素晴らしい製品を提供してくれます。」

IT Security Managerです。セキュリティとリスクマネジメント

Telecom

"CyberArkを使うことで、ビジネスの成長や発展に対応できるテクノロジーを導入できたと確信しています。」

ジャン=ピエール・ブランBouygues Telecom

Finance-02-590x500
Finance

"これは単なるコンプライアンスのチェックボックス運動ではありません。私たちは積極的にポリシーを設計し、サイバーセキュリティのベストプラクティスに合わせて、全体的なセキュリティ態勢を強化し、社内のチームを調整しています。」

Joel Harris, Manager

Customer-Identities----770x550
Manufacturing

CyberArkは、組織への影響を最小限に抑えながら、最小特権と「デフォルト拒否」の両方のアプリケーション制御を実施するために必要な可視性と粒度の高い制御を提供してくれました。」

Ken Brown, CISO

Insurance-590x500
insurance

"RPAやクラウドの移行に伴い、認証情報は「通常の」コントロールから離れてどんどん広がっていきます。CyberArkは、標準的な方法ですべてのシナリオをカバーするように広げることができます。」

情報セキュリティコンサルタント、 Enterprise Cybersecurity Solutions Technologies

関連資料を見る

30日間のトライアルを始める

リスクを軽減し、クラウド攻撃を阻止

高速かつ包括的に保護

コンプライアンスの確保

コストを削減しながら生産性を向上

*出典: IDとアクセス管理における 3 つの ESG トレンド:ESG によるクラウド主導型 ID Eブック( 2020年9月)