CYBERARKヘルスケア向けソリューション

サイバー攻撃者が標的にするのは医療機関と電子個人医療情報です。

ヘルスケアプロバイダーが特権IDを保護する必要性:

  • 特権ID管理は、拡張可能で相互運用可能なケア提供ネットワーク内でePHIへのアクセスを保護するための基本です。
  • 事実上すべてのePHIデータ侵害のインシデントでは、漏えいした特権認証情報が悪用されています。
  • 従業員の離職と採用が頻繁であるなど、攻撃を受ける領域が拡大している組織では、特権IDのセキュリティ管理は決して容易ではありません。

CyberArkは、あらゆる規模の医療機関がITを簡単に利用できるようにします。

  • 人為的ミスを防止し、IT運用がミッションクリティカルな作業に集中できるよう、自動化機能を提供します。
  • ビジネスを中断することなく、特権IDを利用したアクセスの脆弱性を保護するのに十分柔軟なアプローチを利用します。
  • 組織を外部の脅威にさらすアプリケーションで、サードパーティのアクセスと特権IDを保護します。

特権認証情報の保護は、安全なインフラストラクチャの構築における礎であり、CyberArkはそのために不可欠なツールです。

Engineer – S&P 500 Healthcare Company

デモのリクエスト

メール配信希望

メール配信希望!

セキュリティのベストプラクティス、イベント、ウェビナーの最新情報を入手しましょう。