CyberArk named a Leader in the 2021 Gartner Magic Quadrant for Privileged Access Management. DOWNLOAD NOW >

ランサムウェアを未然に防ぐ

特権IDに基づく包括的なランサムウェア対策。

身代金を狙った、貴重なデータの盗難を避ける。

ランサムウェアが急増する中、エンドポイントセキュリティの包括的なアプローチが必要となっています。

Money and Key Icon

広範囲に及ぶ脅威

ランサムウェア攻撃が、これまで以上にビジネスを混乱させています

Door icon

数えきれない手口

セキュリティ不備のデスクトップ、ラップトップ、サーバが攻撃対象になっています。

gap in security icon

不十分なランサムウェア対策

EDR、NGAV、メールセキュリティツールだけでは不十分です。

EDRを補強するランサムウェア対策

Endpoint Privilege Manager(EPM)による、エンドポイント攻撃の防止。

100%の保護

EPMは、アプリケーション制御を組み合わせることで、ローカル管理者権限を減らして、ランサムウェアによるファイル暗号化を100%防ぐことができます。

100% Protection

最小特権の適用

アプリケーションやシステムへの特権アクセスのジャストインタイム昇格により、ローカル管理者権限を減らして、エンドユーザの生産性を維持。

最小特権の適用

全方位型の防御

ランサムウェアを確実に検出。EPMポリシーにまだ「含まれていない」エンドポイントで起動されるアプリを含みます。

あらゆるポイントから防御

脅威の隔離

進行中の攻撃を迅速に検出して先回りして封じ込めることで、特権認証情報の盗難を阻止。

脅威の隔離

徹底した防御の統合

CyberArk マーケットプレイスは、CrowdStrike、Palo Alto Networks、Checkpoint、Proofpointなどのベンダーをプレビルト統合。

徹底した防御の統合

サイバー犯罪者の要求に安易に応じない

クリティカルなセキュリティレイヤーを追加することで、認証情報の盗難や横方向の移動をより完全に防止できます。

」"ランサムウェアの脅威"

脅威:3M+ランサムウェアのサンプル評価

CyberArkラボでは、毎日100種類もの新種のランサムウェアをサンプル分析しています。このホワイトペーパーでは、暗号化パスの調査と脅威を軽減する戦略について説明しています。

エンドポイントの見直し

EDRやパッチツールなど、エンドポイントセキュリティの徹底した防御アプローチをご覧ください。

エンドポイントを再考

Finance-590x500

"サイバーアークは、私の20年以上のITキャリアの中で、最も優れたベンダーでした。CyberArkは特権アクセスの管理で業界をリードする素晴らしい製品を提供してくれます。」

IT Security Managerです。セキュリティとリスクマネジメント

Telecom-590x500

"CyberArkを使うことで、ビジネスの成長や発展に対応できるテクノロジーを導入できたと確信しています。」

ジャン=ピエール・ブランBouygues Telecom

Finance-02-590x500

"これは単なるコンプライアンスのチェックボックス運動ではありません。私たちは積極的にポリシーを設計し、サイバーセキュリティのベストプラクティスに合わせて、全体的なセキュリティ態勢を強化し、社内のチームを調整しています。」

Joel Harris, Manager

Customer-Identities----770x550
Manufacturing

CyberArkは、組織への影響を最小限に抑えながら、最小特権と「デフォルト拒否」の両方のアプリケーション制御を実施するために必要な可視性と粒度の高い制御を提供してくれました。」

Ken Brown, CISO

Insurance-590x500

"RPAやクラウドの移行に伴い、認証情報は「通常の」コントロールから離れてどんどん広がっていきます。CyberArkは、標準的な方法ですべてのシナリオをカバーするように広げることができます。」

情報セキュリティコンサルタント、 Enterprise Cybersecurity Solutions Technologies

関連
リソースを
見る

30日間無料トライアル

ランサムウェアを確実に検出

特権認証情報の盗難を阻止

ユーザーのジャストインタイムアクセス