アイデンティティ セキュリティにはカテゴリーを超えたリーダーシップが必要不可欠

アイデンティティはもはや管理するだけでは不十分で、保護することが必要です。CyberArkでは、業界で最も包括的なアイデンティティ セキュリティ プラットフォームを開発し、あらゆるデバイス、クラウド/ハイブリッド環境全体にわたって人やマシンに紐づくすべてのアイデンティティの比類ない保護を実現しています。

CyberArkは唯一かつ初めて、2022年特権アクセス管理およびアクセス管理両部門のGartner® Magic Quadrant™ レポートでリーダーの1社に位置付けられました。

ガートナーは2つのレポートにわたって20社以上のベンダーを評価し、その結果CyberArkが唯一アクセス管理および特権アクセス管理の両方においてリーダーの1社に選ばれました。何故CyberArkが唯一両テゴリーでリーダーの1社に選ばれたのか、その理由をご覧ください。

7500社以上のお客様がCyberArkを選択

building with stairs
healthcare icon

「アイデンティティを制御できれば、最新の攻撃のほとんどを阻止することができます。そして、アイデンティティを管理できれば、境界、アプリケーション、コンテナなど、環境のあらゆる部分を効果的に管理することができるのです。これこそが真のゼロトラストであり、私たちがCyberArkを使う理由なのです。これこそが、私が安心して夜が眠れる理由なのです。」

Brian Miller, CISO, Healthfirst

Telecom
IT icon

「CyberArkは、アイデンティティ セキュリティのリーダーとしての地位を確立し、企業が最も価値の高い情報資産、インフラ、アイデンティティ、アプリケーションを保護できるよう支援しています。」

KuppingerCole Analysts AG, Report Leadership Compass、パスワードレス認証、2022年10月号

アイデンティティの多様化に伴うセキュリティの課題

2022年に全世界のセキュリティのエキスパート、1,500人*を対象に行われた調査では、アイデンティティの保護に関する課題は飛躍的に増大しており、大多数が統一的なアプローチを希望していることが明らかになりました。

断片化されているIT/セキュリティのインフラ

57%

オンプレミス用とクラウド用の 2 つのセキュリティチームを設置

79%

組織全体のアイデンティティ数が毎年2倍以上になると予測

自動化がキーと見る

61%

レガシーツールとクラウドネイティブツールのハイブリッド環境における自動化が困難

統一したアプローチが好ましい

54%

より少ないベンダーによる統一されたコントロールの採用を希望

アイデンティティ セキュリティには、特権コントロールを中心とした全体的なアプローチが必要です。

インテリジェントな特権制御を中心に、アプリケーション、インフラ、データにアクセスする人やマシンのアイデンティティをシームレスに保護し、アイデンティティ ライフサイクルを柔軟に自動化する、統合されたアプローチを提供します。アイデンティティ セキュリティは、継続的な脅威の検出と保護で最小特権を強化することで、ゼロトラストを実現します。

identity security platform categories infographic

アイデンティティ セキュリティ プラットフォーム

生産性を二の次にすることなく、アイデンティティ セキュリティを最優先する。CyberArkの業界をリードするアイデンティティ セキュリティ プラットフォームのパワーを活用しましょう。

アイデンティティ
セキュリティに関する詳細はこちら

是非以下については、弊社のセキュリティエキスパートにご相談下さい。

アイデンティティの管理と保護について

クラウドやハイブリッド環境のあらゆるデバイスで、人とマシンのすべてのアイデンティティを保護することについて

ミーティングをリクエスト

* CyberArk 主催 ESG Identity Security Maturity Model Survey 2022 (N=1500 | 16ヶ国 | 4地域)