ワークフォースアクセスセキュリティリューション

あらゆるデバイスのすべてのアプリケーションへの従業員、請負業者、パートナーのアクセスを保護。

ワークフォースアクセスセキュリティリューション

あらゆるデバイスのすべてのアプリケーションへの従業員、請負業者、パートナーのアクセスを保護。

ベネフィット

CyberArk Idaptiveソリューションにより、クラウドやオンプレミスのアプリケーション、エンドポイント、VPNなど、貴社の組織全体にわたってアクセスを保護し、セキュリティ侵害のリスクを軽減し、ユーザーによる利用を簡素化できます。.

リスク低減

従業員のライフサイクルのあらゆる段階で、強力な認証方法、アダプティブアクセス制御、および細密なアクセス管理を提供して、脆弱な認証情報や認証情報の漏洩によるセキュリティ侵害のリスクを最小限に抑えます。

ユーザー利用の向上

カスタマイズ可能なユーザーポータルとコンテキスト認証ポリシーにより、貴社のリソースにアクセスするエンドユーザーに対して、手間がかからず、使いやすく、安全な手段を提供します。

IT部門の負担を軽減

安全なセルフサービスツールとアクセスプロビジョニングワークフローの自動化により、アクセスに関連するヘルプデスクチケットを減らし、承認済みの企業アプリケーションの採用を加速させます。

シングルサインオン

単一の認証情報セットにより、クラウド、モバイル、およびレガシーアプリケーションへのアクセスを簡素化します。Idaptive SSOは、より強力なパスワードポリシーを適用して、不十分なパスワードプラクティスによるリスクを軽減し、ユーザーのアクセスアクティビティを可視化します。

アダプティブ多要素認証

広範な二次認証方法により、貴社の企業IT全体へのアクセスを保護します。Idaptive MFAは、ロケーション、デバイス、ネットワークの情報など、ユーザー固有のコンテキスト属性を利用して、ユーザーのログイン試行毎にリスクを割り当てることで、動的なアクセスポリシーを作成できます。

プロビジョニングおよびライフサイクル管理

従業員のライフサイクルの各段階で、アプリケーションのアクセスリクエスト、アプリアカウント作成、アクセス終了を効率的に管理できます。
Idaptive Lifecycle Managementは、Workday、UltiPro、BambooHR、SuccessFactorsなどのHRISシステムからアイデンティティをインポートして、Active Directoryにプロビジョニングできます。

アプリゲートウェイ

オンプレミスのアプリケーションへのリモートアクセスを保護します。VPNの実装や保守、コードの変更、インフラストラクチャの追加は不要です。

プラットフォーム機能

クラウドディレクトリ

Idaptive Cloud Directoryにより、クラウドディレクトリで直接作成された、またはサードパーティのオンプレミス、クラウド、HRISディレクトリから取得したユーザーやエンドポイントを無制限に管理できます。

ユーザー行動分析

Idaptive User Behavior Analytics(UBA)は、ユーザーが日々行うアクセスイベントからインサイトを収集して、アダプティブアクセス制御を実現します。Idaptive UBAにより、アクセスアクティビティを分析し、検出された異常なまたは悪意のあるユーザー行動に対してリアルタイムに対処できます。

開発者向けAPI

Idaptive Developer Portalは、IdaptiveのIDおよびアクセス管理機能をカスタムアプリケーションに統合する際に利用できる、APIドキュメント、ガイド、用例を提供します。

リソース

デモをリクエスト

メール配信希望

メール配信希望!

セキュリティのベストプラクティス、イベント、ウェビナーの最新情報を入手しましょう。