ゼロトラスト

ユーザーとデバイスを継続的に検証し、アクセスと権限が必要なときにのみ付与されるようにします。

アイデンティティ セキュリティ:ゼロトラストを支える基盤

ゼロトラストは、アプリケーションやシステムへのアクセス権を持つ個人またはマシンに関わらず、あらゆるアイデンティティが侵害された可能性があると仮定することから始まります。『情報漏えいを想定する』という考え方には、セキュリティに対する警戒とゼロトラストによるアプローチが必要です。このアプローチは、アイデンティティの保護に重点を置いています。ゼロトラストによるアプローチのバックボーンとして アイデンティティ セキュリティを利用することで、アイデンティティの侵害による脅威を識別し、そして隔離し、阻止することに専念できます。また、被害が及ぶ前に特権を得ることができます。

Verify Users Icon

すべてのユーザーを検証

すべてのユーザーが、強力で、コンテキストに沿った、リスクベースの認証を認めていることを確認します。これにより、セキュリティを強化し、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

Validate Devices Icon

すべてのデバイスを検証

攻撃対象領域を大幅に削減し、セキュリティ対策が万全な登録デバイスのみにアクセスを許可します。

Limit Privileged Access Icon

特権アクセスをインテリジェントに制限する

必要な時にのみ特権アクセスを付与し、不要な時は付与しません。

アイデンティティ セキュリティの基礎

アイデンティティ セキュリティ:なぜ今、それが重要なのか

アイデンティティ セキュリティの基礎を学び、その指針を理解します。

情報漏えいを想定する考え方を適用する

アイデンティティ セキュリティはゼロトラストの基盤です。

強力な適応型認証を使用する

一貫して継続的で適応できる多要素認証により、ユーザーの実態を確認できます。

継続的な承認と認可を可能にする

ID プロビジョニングを自動化し、ライフサイクルを管理して、承認プロセスを設定します。

Lifecycle Management

Secure Endpoints

安全な認証情報と認証

ローカル管理者の認証情報を管理しながら、認証トークンと認証情報キャッシュを保護します。

安全な最小特権アクセス

不要な権限を排除 し、クラウド ワークロードに対する過剰な権限を戦略的に排除します。すべての人間ユーザーおよび非人間ユーザーのみが、ジャストインタイムのアクセス権限の昇格で 必要な権限のみを持つようにし、ユーザーが必要に応じて特権アカウントにアクセスしたり、コマンドを実行できるようにします。

Protect Privileged Access

継続的な監視と認証

記録された主要イベントと改ざん防止策が施された監査によって法令遵守を維持します。セッション記録を安全かつ一元的に保管し、セキュリティ、監査、法令遵守を容易にして、説明責任と法令遵守を高めます。

知名度の高いアイデンティティ セキュリティで、ユーザーは進化し続ける

アイデンティティ セキュリティは、ゼロトラストのアプローチの基礎となるテクノロジーを提供します。

関連資料を見る

専門家に相談する

リスクベースの適応型多要素認証ですべてのユーザーを検証

エンドポイントのコンテキストと権限管理ですべてのデバイスを検証

特権アクセスとリモートアクセス管理により、特権アクセスをインテリジェントに制限