ベスト

さらにより良く。

 

CEOのUdi Mokadyと製品管理担当バイスプレジデントのRoy Adarが、Cyber Ark Privileged Access Securityソリューションの最新リリースについて議論します。

Cyber Arkは特権IDの奪取に対する保護を自動化および簡素化します。

特権ID管理の簡素化

合理化された展開と構成、運用タスクに費やされる時間の10倍の改善、およびAPI-First戦略の包括的なサポート。

あちこちに存在する特権IDの保護

クラウド内のセキュリティを加速し、DevOpsのシークレットアクセスの管理を自動化し、エンドポイントでの特権攻撃を防ぐのに役立ちます。

特権ID管理の簡素化

  • Cyber​​Ark Privileged Access Solutionのインストールと設定を96%簡素化
  • 自動アカウント修復による管理されていない特権アカウントの検出と登録
  • 危険度の高い活動を含む特権セッションの自動停止
  • 広範なエンドユーザーからのフィードバックに基づいたユーザーエクスペリエンスを簡素化するガイドレビュー付きの合理化されたユーザーインターフェース
  • IT運用チームがアカウント情報の収集に費やす時間を10分の1、IT監査人がセッション記録のレビューに費やす時間を5分の1に短縮
  • 新しいREST APIを活用して、Cyber​​Arkソリューションを既存のセキュリティ、運用、およびDevOpツールと迅速に統合

あちこちに存在する特権IDの保護

  • WindowsユーザーとMacユーザーの両方に対して、企業ネットワークの内外にあるエンドポイントデバイスのローカル管理者アカウントを保護および管理
  • Cyber​​Ark Privileged Access SecurityソリューションのAzureハイブリッド環境への約10分以内の迅速な展開
  • 認証情報の登録を自動化するAWS CloudWatchとの統合 – ラスティックコンピューティング環境における管理されていない認証情報のリスクが軽減され(Auto Scalingを含む)、セキュリティチームは時間を節約、潜在的な脅威の軽減に集中できます。
  • 主要なオーケストレーションツールであるAnsible、およびCyber​​Ark Discovery&Audit(DNA)との統合。これにより、隠された認証情報を自動的に検出することで、CI / CDパイプラインおよびDevOps環境のセキュリティが向上および簡素化されます。
  • 新しいクラウドベースのApplication Risk Analysis Serviceを使用して、エンドポイントでの特権攻撃を防止。これにより、タイムリーで十分な情報に基づいた特権とアプリケーション制御ポリシーの決定が可能。

ベスト さらにより良く。

デモのリクエスト

メール配信希望

メール配信希望!

セキュリティのベストプラクティス、イベント、ウェビナーの最新情報を入手しましょう。