ケーススタディ 株式会社ジュピターテレコム

April 8, 2021

株式会社ジュピターテレコムは、属人化していた特権アクセス管理をCyberArk にて再整備、パスワードの秘匿化によって内部不正対策に大きく貢献。

ケーブルテレビ事業、メディア事業を通じて良質なエンターテインメントとサービスを提供している株式会社ジュピターテレコムでは、放送・通信事業者に求められるセキュアな環境づくりを推進している。なかでも内部不正対策の一環として取り組んだのが、以前から取り組んできた特権アクセス管理を一層強化するための施策であり、その中核的な特権アクセス管理として、CyberArk が提供するCore Privileged Access Security を採用している。

No Previous Flipbooks

Next Flipbook
ケーススタディ: 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
ケーススタディ: 株式会社セブン&アイ・ホールディングス

事業会社が個別に運用してきた特権アクセス管理を統合 グループ共通インフラのセキュリティ高度化に貢献するCyberArk