ケーススタディ: 株式会社セブン&アイ・ホールディングス

February 4, 2021

セブン&アイ・ホールディングスでは、グループが持つ
店舗網や情報、物流基盤などさまざまな事業インフラとデジタ
ル化を融合するためのDX 推進を積極的に実施しており、その
なかでグループ共通インフラの整備を進めている。そのグルー
プ共通インフラにおけるセキュリティ対策の1 つに欠かせない
特権アクセス管理の基盤として、CyberArk が提供するCore
Privileged Access Security を選択している。

Previous Flipbook
ケーススタディ 株式会社ジュピターテレコム
ケーススタディ 株式会社ジュピターテレコム

株式会社ジュピターテレコムは、属人化していた特権アクセス管理をCyberArk にて再整備、パスワードの秘匿化によって内部不正対策に大きく貢献

Next Flipbook
Milliken & Companyはグローバルエンドユーザーを保護するためのデフォルトのアプリケーション制御拒否機能を備えた最小特権によるセキュリティプロトコルを強化
Milliken & Companyはグローバルエンドユーザーを保護するためのデフォルトのアプリケーション制御拒否機能を備えた最小特権によるセキュリティプロトコルを強化

Milliken & Companyは、CyberArk Endpoint Privilege Managerを使用して、世界中の5,000台のデバイスの最小特権アクセス、アプリケーションの制御、パッチの管理を行っ...