フォルクスワーゲンケーススタディ

August 11, 2020

複雑なIT環境における管理アカウントの適切なコントロールは、全ての企業にとって大きな課題です。
多数のサーバー、データベース、アプリケーション、またはネットワークコンポーネントの特権ユーザーアカウントのパスワードは、常に保護され、かつ利用可能でなければなりません。フォルクスワーゲンが、セキュリティインフラストラクチャの一部としてパスワード管理を導入することで、この問題にどのように対処したかをご覧ください。

Previous Flipbook
Milliken & Companyはグローバルエンドユーザーを保護するためのデフォルトのアプリケーション制御拒否機能を備えた最小特権によるセキュリティプロトコルを強化
Milliken & Companyはグローバルエンドユーザーを保護するためのデフォルトのアプリケーション制御拒否機能を備えた最小特権によるセキュリティプロトコルを強化

Milliken & Companyは、CyberArk Endpoint Privilege Managerを使用して、世界中の5,000台のデバイスの最小特権アクセス、アプリケーションの制御、パッチの管理を行っ...

Next Flipbook
グローバル不動産サービス企業
グローバル不動産サービス企業

グローバル不動産サービス企業は、Okta MFAとの統合ソリューションを利用し、Cyber​​Arkソリューションへの承認済みアクセスを強化しています。