Milliken & Companyはグローバルエンドユーザーを保護するためのデフォルトのアプリケーション制御拒否機能を備えた最小特権によるセキュリティプロトコルを強化

January 6, 2021

Milliken & Companyは、多角的なグローバルメーカーであり、人々の生活を向上させる方法を探求し、発見し、創造するという長年の伝統を持っています。自由な発想で技術革新を行うことを基本とする文化を持ち、世界50の拠点で事業を展開している同社は、データプライバシーの懸念に対処し、IPを保護するための柔軟で拡張性のあるソリューションを必要としていました。この自由をサポートするために、エンドユーザーは会社のデバイス上でフルの管理者権限を持って運用していました。同社がどのようにして5,000以上のエンドポイントにCyberArk Endpoint Privilege Managerを効率的に導入し、エンドユーザーへの影響を最小限に抑えながら、最小の特権とアプリケーション制御ポリシーを実装したかをご紹介します。

Previous Flipbook
ケーススタディ: 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
ケーススタディ: 株式会社セブン&アイ・ホールディングス

事業会社が個別に運用してきた特権アクセス管理を統合 グループ共通インフラのセキュリティ高度化に貢献するCyberArk

Next Flipbook
フォルクスワーゲンケーススタディ
フォルクスワーゲンケーススタディ

フォルクスワーゲンケーススタディ