×

今すぐダウンロード

お名前(名)
お名前(姓)
貴社名
状態
ありがとうございました
Error - something went wrong!
   

ランサムウェアに対抗するには: EDRとEPMの組み合わせに関するレビュー

July 13, 2021

ランサムウェアの主な侵入経路として、インターネットに接続されているエンドポイントが群を抜いています。コネクテッドデバイスのタイプが増え、リモートワーカーが増加し続け、サードパーティのエコシステムが拡張しているため、攻撃対象となる領域が大幅に広がっています。サイバー犯罪者は、この機会に乗じて、さらに巧妙な手口を編み出してランサムウェア攻撃を頻繁に仕掛けています。

ここで課題となっているのが、脅威にさらされているエンドポイントのセキュリティリスクの軽減です。エンドポイントが侵害されると、業務の混乱や脅迫による損害につながる可能性があります。被害を受けた企業の多くから、ランサムウェアはエンドポイントを足掛かりにして、より重要な価値の高いデータを狙って、組織の内部にさらに深く侵入しているという証言が得られています。

Previous Flipbook
ランサムウェア対策の見直し - 侵害を想定して対処
ランサムウェア対策の見直し - 侵害を想定して対処

このeBookでは、ランサムウェア対策として、いくつかのツールを組み合わせた、徹底的な防御アプローチについて説明しています。エンドポイント特権管理(EPM)ソリューションによるアクセスと権限のセキュリティ強化、エン...

Next Flipbook
ID に対する 3 つの実攻撃に基づいた、クラウドを保護するための 11 の安全対策
ID に対する 3 つの実攻撃に基づいた、クラウドを保護するための 11 の安全対策

新たな攻撃対象になっている特権アクセスやIDセキュリティを特定せずに、クラウドサービスを追加すると、標的となり被害コストが生じる可能性があります。