×

今すぐダウンロード

お名前(名)
お名前(姓)
貴社名
状態
ありがとうございました
Error - something went wrong!
   

侵害を想定して行動する:攻撃者に狙われている標的を保護する4つのステップ

May 5, 2021

従来の境界線をベースとしたITセキュリティモデルは、クラウドサービスやモバイルユーザーが増え続ける今日の環境には適していません。巧妙な攻撃者は、企業ネットワークに侵入後、数週間から数ヶ月間にわたって身を潜めます。

脅威をもたらす犯罪者は、ネットワークに侵入してデータを盗み出し、ビジネスを混乱させる新たな破壊的な手口を常に見つけ出しています。侵害が発生することではなく、いつ起こるかが問題です。

深刻な損害が生じる前に、「侵害を想定した行動」により、ネットワーク突破を企んでいる攻撃者の検出をサポートして隔離する手段を採用してください。

最も重要な資産を危険にさらす最も一般的な攻撃経路から貴社を保護する方法をご確認ください。今すぐeBookをダウンロードしてください。

Previous Flipbook
エンドポイントセキュリティレビュー:ランサムウェアに対する徹底的な防御
エンドポイントセキュリティレビュー:ランサムウェアに対する徹底的な防御

このeBookでは、ランサムウェアを阻止する徹底した防御アプローチに必要な5つの構成要素について説明しています。多層エンドポイントセキュリティ計画を、脆弱性に対する補強、セキュリティ体制の改善およびリスク軽減に利用...

Next Flipbook
IDセキュリティおよび特権を優先すべき5つの理由
IDセキュリティおよび特権を優先すべき5つの理由

新たに生み出される攻撃手段に対する防御には、完全な特権の制御および管理が必要です。eBookをダウンロードして、その理由をご確認ください。