×

今すぐダウンロード

お名前(名)
お名前(姓)
貴社名
状態
ありがとうございました
Error - something went wrong!
   

組織のワークロードを保護するための6つの主なユースケース

June 17, 2020

クラウドベースのインフラストラクチャの利点を利用する組織が増えるにつれて、関連するセキュリティの脆弱性を理解することが不可欠です。
クラウドジャーニーは、パブリック、プライベート、およびハイブリッドクラウド環境に移行する組織ごとに異なります。 DevOpsパイプラインを活用してビジネスの俊敏性を向上させるクラウドジャーニーを進んでいる企業もあれば、コスト削減とオンデマンドコンピューティングへのアクセスに重点を置いている企業もあります。

この電子ブックでは、コンピューティング環境、開発哲学、複雑性に関係なく、組織がリスクを軽減し、一貫した企業全体のポリシーを維持するのに役立つ6つの使用例とベストプラクティスを取り上げています。

Previous Flipbook
外部委託業者による最重要システムへの特権アクセス
外部委託業者による最重要システムへの特権アクセス

本電子ブックでは外部委託業者のリモートアクセスを安全に実現するためのソリューションと記述しておりますが、従業員のリモートアクセスにも最適なソリューションであるCyberArk Aleroについてご確認ください。

Next Flipbook
スマートグリッドの保護:特権アクセスセキュリティが最重要のエネルギーおよび公益事業のインフラストラクチャを保護するための鍵となる理由
スマートグリッドの保護:特権アクセスセキュリティが最重要のエネルギーおよび公益事業のインフラストラクチャを保護するための鍵となる理由

この電子ブックでは、重要なエネルギーおよび公益事業インフラを高度なサイバー攻撃から保護するために、特権アクセスセキュリティが極めて重要な役割を果たすことを説明しています。