ドローイングボード:アイデンティティ セキュリティの活用事例

July 11, 2022

セキュリティの意思決定者の約80%が、企業が大きなリスクを伴うデジタル施策に着手する中で、セキュリティが事業運営に後回しにされていると考えています。その裏側では、アイデンティティが急速に増殖しながら、攻撃されやすい入口や経路を通って、データからインフラまで、機密性の高いリソースにアクセスするサイクルが続いているのです。
今回のドローイングボードのエピソードでは、総合的なアイデンティティ セキュリティのアプローチによって、組織が脅威からどのように身を守ることができるかを学びます。ここでは、重要な環境において機密性の高いリソースへのアクセスを必要とする役割と責任を持つアイデンティティの3つの「日常生活」の例を紹介します。
• アイデンティティ 1:クラウドでコードを書くアプリ開発者
• アイデンティティ 2:自動化されたタスクを実行するDevOpsボット
• アイデンティティ 3:Web ベースのアプリケーションで作業する従業員
アイデンティティ セキュリティは、インテリジェントな権限制御を中心に、すべてのアイデンティティのアクセスをシームレスに保護します。そして、アイデンティティ ライフサイクルを柔軟に自動化することを可能にし、脅威の検知と防御を継続的に行うことで、ゼロトラストを実現して最小特権を強化することができます。
CyberArkアイデンティティ セキュリティ プラットフォームの詳細と、組織が恐れずに前進するためにどのような支援ができるかをご覧ください。

以前のビデオが見つかりません

次のビデオ
ドローイングボード:アイデンティティ セキュリティの概要
ドローイングボード:アイデンティティ セキュリティの概要

インテリジェントな特権制御を中心とした総合的なアイデンティティ セキュリティで継続的な脅威の検知と防止を実現し、組織を攻撃から守る方法を学びます。