×

今すぐダウンロード

お名前(名)
お名前(姓)
貴社名
状態
ありがとうございました
Error - something went wrong!
   

ランサムウェア分析と可能性のある緩和策

May 4, 2021

ランサムウェアは、今日最も利用されている、危険性の高いサイバー脅威のひとつです。最近のランサムウェア攻撃は、瞬時に企業IT全体にわたって拡散し、生産性を低下させ、ビジネスを混乱させます。調査会社Cybersecurity Venturesは、ランサムウェアが世界中の企業に及ぼす年間被害コストが2021年には200億ドルを超えると予測しています。 

CyberArkラボは、毎日100種類もの新しいランサムウェア検体を分析しています。このeBookには、CyberArkラボがこれまでに分析した300万以上のランサムウェア検体に関する評価および暗号化経路の調査および緩和策が掲載されています。今すぐ全文をお読みください。

以前の資料
CyberArk Blueprint Rapid Risk Reduction Playbook
CyberArk Blueprint Rapid Risk Reduction Playbook

このホワイトペーパーでは、CyberArk Blueprintを確認しながら、Rapid Risk Reduction Playbookにより、特権アクセス管理の導入を促進してリスク削減を加速させる方法について説明...

次の資料
国内の大規模情報漏えい事件をひも解く。見えてくる「特権アクセス管理」の重要性
国内の大規模情報漏えい事件をひも解く。見えてくる「特権アクセス管理」の重要性

デジタル化が進む中、企業における情報漏えい事件が多発している。情報漏えいの多くは、紛失や盗難がその原因を占めているものの、サイバー攻撃による情報漏えいの増加率は著しい。本書では実際に発生した大規模情報漏えい事件を改...